子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の使っている証券会社紹介の第三弾楽天証券です。

私が使っているのは、現在3社なので、これで終わりです。

マーケットツールのマーケットスピードの使い勝手の良さには企業努力の跡が見えます。(コチラで無料体験できますマーケットスピード

マーケットスピードの利用料金は、3ヵ月で6300円ですが、当初3ヶ月は無料で使用でき、その後も3ヶ月に一度でも、楽天証券で株を売ったり、買ったりすれば、無料になります。

だから、私も一度も利用料金を支払ったことはありません。

マーケットスピードの優れているところ


[楽天証券]の続きを読む
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
自分の使っている証券会社の紹介の第二段です。

今日はオリックス証券です。

オリックス証券に口座を開いたきっかけは、外国為替保証金取引FXに関心を持ち、証券会社の中では、FXのツールサービスがとてもよかったからです。(過去記事にリンクしています)

オリックス証券の株式売買手数料

  一日定額コース(現物、制度信用)
     50万円まで     315円
     50万円から600万円 3150円

  約定ごとコース(現物、制度信用)
     成行 0.105% 指値 0.126%
       (下限315円上限12600円)

  一般信用 1000万円まで 300円
       1000万円以上 無料

今話題のミニ日経平均の取り扱いをいち早くスタートし

一枚105円と新しいことにチャレンジしていく姿勢がいいですね。

更に、驚くのは信用口座を開く時、収入印紙代4000円がかかるのですが、
それを負担してくれます。

その他特徴としては、

立会外分売で株が買える。

乗換売買ができる。(A銘柄が売れたら、その代金でB銘柄を買う。というような注文が出せます)

20営業日先まで有効の注文を出せる。(金曜日に注文が失効しないのは便利です)


FXの手数料


自分の使っている証券会社を紹介していこうと思います。

私が株を始めたとき、一番に開いた証券会社はコスモ証券です。

実は初めはディトレードをするつもりでした。本を読んでいるとできそうな気がしたのです。

ディトレードをするのには、コスモ証券の一ヶ月50回までのマンスリーコースはとても魅力的でした。

その頃と料金、内容は少々変わっているけれど、今もディトレーダーにとって魅力的ではないか?と思います。

 コスモ証券のマンスリーコース

      対象銘柄 : 東証、大証、マザーズ、ヘラクレス、JASDAQ
      対象取引 : 現物取引・信用取引
      対象期間 : 月初から月末までの1ヵ月間

     約定代金に関係なく50回まで10,500円
              100回まで20,100円

 この約定代金に関係なくというのがとても魅力的でした。

 株主優待も権利確定日に同時に売りと買いの注文を入れても、手数料を気にせずに優待取りができます。

50回めいっぱい使えば、1回あたり210円の手数料。100万円を超える株でもこの手数料はとても魅力的だと思います。

月単位で手数料コースを変更できます。

子どもが夏休みであまりトレードをしないというような月はディコース(一日ごとの約定代金の合計額で手数料を支払うコース)を利用するということが可能です。

このディコースはこの7月に大幅に安くなりました。

 10万円まで      105円
 10万円超~20万円まで 210円
 20万円超~30万円まで 315円
 30万円超~40万円まで 420円
 40万円超~50万円まで 525円
 50万円超 ~ 100万円まで 1,050円

今の私はPBRが1.0を下回っているような会社ばかりを保有する、バリュー株中期投資です。

そのきっかけとなったのも、コスモ証券です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。