子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常の指値注文とは逆に、

「株価が○○円まで上がったら買う」「株価が○○円まで下がったら売る

という注文方法です。


現在の株価よりも高い価格で、株を購入することになるのです。

上がり始めた株に早いうちに素直に乗る。

そういう投資法ですね。

チャートでこの価格帯を越えたら、上昇が予測される・・・・・。

という株価で注文をいれておきます。

逆指値には二種類の注文方法があって、

○○円になったら、成行買い。(または売り)
○○円になったら、指値買い。(または売り)

ちゅうもんは成行優先なので、逆指値で注文を入れておいても、指値ならば買えないこともあります。

だけど、上がり始めた株の勢いは強いことも多く、成行にすると逆指値で想定していた価格よりも、ずっと高い価格で買ってしまう可能性もあります。

逆指値を使う人は、

買いは指値、売りは成行。というのが多いようです。(悪材料で急落にそなえて)

また、どこの証券会社でも逆指値で注文できるわけではありません。

私が使用している三社で言えば、

コスモ証券 逆指値注文はできません。

オリックス証券 逆指値注文できます。

楽天証券 逆指値注文できます。

さらに、楽天証券は逆指値付通常注文もできます。

 これは、○○円まで下がったら買い、逆に△△円まで上がっても買い、と現在の株価の上下の価格に注文を入れておくことができる、挟み撃ちのような注文です。




スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。