子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中期トレード

   季節や日柄に合わせて売買します。

   11月の末・・・安い。(ヘッジファンドの決算?)
   節分・・・・・・高い。(新年期待?)
   3月の彼岸・・・安い。(決算で手仕舞い)
   GW前・・・・・高い。(ヘッジファンドの中間決算)
   お盆・・・・・・安い。(休み前の手仕舞い)
   9月の彼岸・・・高い。(株主優待狙い)
   11月の末・・・安い。


などなど、の季節要因で動くのに合わせて売買します。

 私も今年の11月末に買った銘柄はとても快調です。節分が売り時かしら???

長期トレード・・・・日本経済を長期で見て、数年間から数十年持ち続ける。

  長期トレードする方は、まだまだあがると見ている方も多く、明日の日本に必要で、まだ上昇していない割安株を見つけ出し、長期で保有します。

焦らず、あわてず、じっくりと長い付き合いになる銘柄を探しましょう!!
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
スィングトレード・・・一泊から、数週間程度で売買します。

    マイ銘柄を何銘柄かリストアップして、下がっている銘柄を買い、上がった銘柄を売る。

 輸出株のように円安でメリットを受ける銘柄(自動車、ハイテク)
 輸入株のように円高でメリットを受ける銘柄(紙、パルプ、石油)

 国内景気に左右される内需株(建設、機械、小売)
 国際的な景気に左右される外需株(自動車、ハイテク、商社)

 金利が上がるとメリットがある(銀行)
 金利が下がるとメリットがある(ノンバンク)

のように、反対の動きをする銘柄を数銘柄、常に値動きを追って、その特徴をつかんで売買します。

    日経平均に連動しそうな、銘柄を全体の相場のリズムに合わせて売買
騰落レシオなどは全体の流れをつかむのによくつかわれます。

 チャートの読み方をしっかりと練習する必要があります。

 全体の場が悪くなってきた時、損切りして、大きく損することを裂けなければなりません。

 一歩間違えると、 小さく儲けて、大きく損することになってしまいます。

 (利益確定は早いのに、損切りが遅い)

残念ながら、プロの方がニュースの読みも、耳にする時間も早く、

素人では、全体の相場が良くないと勝ち残るのは難しいです。

ただし、相場がいい時は大きな利益が得られます。

損切りラインをしっかりと決めて、感情に流されず、ロボットのように売買できれば、一財産を築けるかもしれません。




デイトレード・・・今日買って、今日売る。宵越の株はもたないぜ!
       
   出来高乖離銘柄(いつもにくらべて、出来高がとても多い銘柄)や

値上がり率上位銘柄などを、分単位のチャートで見て、売買する方が多いようです。

何かのニュースで急に動き出した株の、真ん中を上手に抜いていくようです。

プロのような方もたくさんおり、素人がディトレードで生き残れるのは一割と言われているようです。
初心者には不向きです。

出来高乖離率、値上がり率上位銘柄はマーケットスピードで見ることができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。