子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みに実際の仕事を体験してみようという企画があり、娘も息子も参加しました。

息子はモスバーガー、娘はコクヨにそれぞれ仕事体験。

特に息子は実際にお客さんに商品を運んだり、大声で挨拶したりと、慣れないことの連続で、くたくたになって帰って来ました。

帰宅するなり、ソファーに寝そべりすやすやと眠りだした息子。

一日中緊張していたんだね。お疲れ様。

発表会があり、いろいろな仕事を経験した子ども達が、緊張した顔でそれぞれの思いを伝えてくれました。

緊張のあまり声が小さい子、照れ隠しに少しふざけてしまう子、堂々と発表する子。

最後に総評が企画者からありました。


[「子どもにも家事させよう」]の続きを読む
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
関西ではとても盛んなイベントの一つに地蔵盆があります。

街角で子ども達を守ってくださっているお地蔵様に、日ごろの感謝とお礼に、8月の24日前後におまつりをするのが地蔵盆だそうですが、

子ども達にとって、これほどありがたい日はないのでは?という二日間を送ります。

私の住んでいる地域では特にたくさんのお地蔵さんがあり、地蔵盆もとても盛んです。

23日 二時半、お寺で人形劇と、すいか割り、その後、和尚さんに連れられ、三軒のお地蔵さんをお参りし、各々で袋詰めされたお供えのおさがりをいただく。

 五時、駅前のお地蔵さんの前で数珠送り、その後、スーパーボールすくいなどで遊んだ後、おさがりの袋詰めをいただく。

 七時、商店街で盆踊り。途中、ジュース、アイスクリームが配られる。最後にやはり、おさがりの袋詰めをいただく。

24日 並んで、10件くらいあるお地蔵様を順番におさがりもらいに行く。
   7件以上、お参りすればご利益があるとされているそうですが、みんな10件以上回ります。

 六時 お寺で抽選会、カキ氷、金魚すくい。

 七時 商店街の盆踊り。

などです。


20060822151301


淡路島にある北淡震災記念公園に行ってきました。

阪神淡路大震災があった日、私は1歳の息子を持つ妊婦でした。

今にも落ちてきそうな部屋の照明やたんすを見ながら、キッチンで食器棚の食器が音をたてて割れていくのを聞き、息子の上に馬乗りになって時を過ごしたあの朝は、はっきりと覚えています。

落ち着いた頃、割れた食器を片付けていると、親や友人から、次々と電話がかかり、お互いの無事を確認しました。

しかし、数時間後のテレビで見た衝撃的な映像。

神戸に住む友人や従兄弟が気になり、落ち着かず、また電話攻撃。

祖父の弟が全壊した家屋の下敷きになり、即死だったことを知ったのは、それから数時間後のことでした。

エレベーターの関係の仕事をしていた父は、毎日神戸に復興作業に行き、悲壮な顔で言葉少なくうなだれていました。

私は大阪に住んでいたので、食器は割れたけれど、たんすが倒れたりということもなく、被害はほとんどありませんでした。

しかし、友人には自宅が全壊したものもおり、大阪で簡単に食べれるものを買い、原付で届けに主人が走ったりと、非日常な時間が過ぎていき、怖いという気持ちだけは、大きなものとして今も残っています。

震災記念公園には生々しい断層や、崩れかけの家があります。実際に体験した人には、生々しい記憶がよみがえる怖いものです。

ただ、子ども達は、すごいねといいながらも、実感がないようでした。

きれいに整備されている公園で、何を感じたのでしょうか?


息子が中学生となって始めての夏休み。

お手紙に書かれている宿題の量に驚いたのは、7月だったはず。

根っからのんきものの息子はのほほんと生活を送っています。

しかし、一昨日、

「そろそろ夏休みも後半やし、宿題計画たてた方がいいんちゃう?空いている時間のリストを作って、予定していきや」

「大丈夫と思うけど、まあしよっか」

それから、10数分後、冷や汗タラリと流し

息子が幼稚園の時、上にまだ子どものいるお母さんが

「お誕生日会はお互いにとても負担になるものだと思うので、しないということにしましょう」

とおっしゃいました。

それは助かる!子どもは嬉しいかもしれないけれど、肉体的にも金銭的にも、親の負担はとても大きいもの、それでもみんながすれば、連鎖的にみんなしなくてはいけない状況になってしまうものだし、勇気を出して提案してくださったお母さんに、拍手を送りたい気持ちでした。

しかし、そんなこともすっかり忘れた今年の春。

娘の友人で一人娘さんのお誕生日会が開かれました。

テレビで見て憧れておねだりされたんだとか。

やはり芋づる式に、その後、よばれていた子ども達が次々とお誕生日会を開き、4ヶ月間で、娘が出席したお誕生日会は5回です。

「8月の自分の誕生日にはどうしてもお誕生日会を開いてほしい。誕生日プレゼントはいらないから

と必死のおねだりを受け、しぶしぶ娘の誕生日会を開きました。

お盆ですね。

数日前、霊感の強い友人から、

「おっちゃんとおばちゃんから、そろそろ盆やし、家に帰ろうと思うから掃除に行ってくれ、と伝言してくれと頼まれた」

と妹の所に電話があったそうです。

それは大変と妹は大掃除に帰りました。

実家に帰ってくるのなら、お盆の間、両親だけにするのも不憫だと、みんなで二回ほど足を運びました。

私に霊感はないけれど、きっと両親はそばにいるんだって思いながら、ゆっくりくつろぎました。

今日、仏壇のある弟の家で送り火をたきました。

もう帰ってしまうのかってちょっと寂しい気がしました。

来年はお盆の間、実家に泊まってみようかな?なんて思っている今日です。

両親が他界してもう二年。

大きく成長した孫達をちゃんと見てくれたかな。
夏休みに入って、すっかりお休みの株式投資。

さっき、持株ポートフォリオをのぞくと

「おっ。上がっているではないか!」

株式投資を始めて二年が経ちますが、家族優先が私のモットーなので、子ども達の学校が長期休みに入る前には、銘柄の選別をじっくりとし、中期ホールドに入ります。

中期で持っていようという目でみるせいか、結構成績いいです。

長い目でみることの大切さを、ひしひしと痛感しています。

でも、一ヶ月くらい、まったく証券会社にログインしていないからか、

株したいなあ!

なんて思ってしまった今日でした。

新学期まで後二週間。

まだまだ予定が詰っています。

がんばるぞお。

今日は石垣島の旅の番外編。

20060815234541.jpg


ジューシーかまぼこです。

4年前に沖縄に行った時、とても小さなおばあがやっている食堂で食べたジューシー。

これがとても美味しくて、インスタントパックを買って自宅でやってみたのですが、あの味になりません。

石垣島の金城かまぼこさんというところが、そのジューシーをかまぼこで包み込んだおにぎりを、一日限定200個だけ作っていると聞き、

絶対に食べたい!と朝一番に買出しに行きました。

スゴーク美味しかったです。

今回、はまった食べ物はタコライス。


20060815235729.jpg

石垣島旅日記 4日目

毎日毎日、泳ぎっぱなしの石垣島の旅。

翌日はもう大阪に帰る日です。

一日中遊べるのはもうこの日だけです。

で、思いっきり贅沢なツアーに参加しました。

マリンショップtaitaiのtaitaiのオリジナルツアー。

幻の島といわれる無人島浜島で海水浴、珊瑚礁での体験ダイビング、マンタポイントでのシュノーケリング、これを一日でまわってしまうスペシャルツアーです。

初めてのダイビング体験。海の底から見る、太陽の日差しは驚くほどきれいでした。

目の前を泳ぐチョウチョウウオ、本当に竜宮城に行った気分です。

石垣島の海にはマンタスクランブルとよばれる、マンタが集まってくるスポットがあります。
石垣島の旅 三日目 第二弾

朝から、白保でシュノーケリングをし、シャワーを浴びて一服。

でも、せっかくレンタカーを借りているのだからと、石垣島一周ドライブに出かけ、観光ガイドに載っているようなスポットを順番に回りました。

特にオススメと思ったところを二ヶ所紹介します。

まず、明石海岸

20060811235151


パラセーリングをやっておられる方がいらっしゃいました。
娘はやりたがったけれど、もう予算オーバー。
みおくりです。

この海岸は、ウミガメが産卵に来ることで有名な海岸だそうです。

私は昼過ぎに行ったので産卵は見ていませんが、是非一度見てみたいものです。

波の感じがとてもきれいで、人も少なく素晴らしかったです。



子ども達が夏休みに入って、スッカリお休み中の株式投資。

でも、タイトルに株式投資って入れてるし、たまには株の話もしないとなあ

なんて思い立ち、株の話を書いてみます。

夏休みに入る前に、自分なりの投資方を考えていたのですが、

とにかく、PBRに注目してみることにしました。

で、東証1部の大型、中型、2部株、ジャスダック、をバランスよく、少しずつ買って、とにかく黙って、しばらくホールド。

どう動くか観察してみることにしたのですが、今のところどこも大差ないです。

日経平均が軟調だと、どこも軟調。堅調だと堅調。

結局、大きな流れには逆らえないということだなあ。

上値が重いし、下がるわけでもない。

お休み状態の夏休みにぴったりの、値動きです。

しばらく、様子見します。

石垣島の旅 三日目

私たちが泊まった白保というところの、沖合い1km程のところに、グレートバリアリーフに匹敵するような珊瑚礁が広がっている、と書いてあった雑誌がありました。

それは自分の目で確かめよう。白保の珊瑚礁

送迎付きで、5000円くらいの半日ツアーというのもありますが、

白保まで自分で足を運べば、各民宿で、シュノーケリング舟を出しています。

うちも、民宿白保さんにお願いしました。
宿泊客でなくても参加できます。二時間たっぷり見て大人2000円、子ども1000円でした。

石垣島、西表島、旅日記 二日目第二段

本当は連泊したかったのだけれど、予約が取れなかったので、一泊で西表島を後にし、最終便で石垣島へと渡りました。

で、この船、おそろしいほど揺れます。

船酔いする方は、酔い止めのご用意を・・・。

石垣島の港まで予約していたマツダレンタカーさんがお迎えに来てくれていました。

マツダデミオに乗って、石垣の旅の始まりです。

まず向かったのは、やっぱり石垣牛を食べようと坦たん亭

でも、予想よりちょっと高かったため、焼肉はやめ郷土料理を注文、たたきだけを取り家族で分け合いました。

郷土料理はとてもおいしく、雰囲気も良かったです。

機会があれば、安いランチタイムに、お腹いっぱい石垣牛を食べてみたいなあ。


20060807220441.jpg

石垣島、西表島、旅日記 二日目

二日目も娘の希望を聞き入れ、ドラマ瑠璃の島の舞台となった、鳩間島へ行くことになりました。

西表島から鳩間島までは、ボートなどで10分程度です。

途中、シュノーケリングポイントと無人島と立ち寄り、鳩間島へ向かうツアーに参加。

この途中で立ち寄ったシュノーケリングポイントが、今回の旅行で最も色鮮やかな珊瑚礁だったように思います。

あまりのきれいさに目を奪われました。

鳩間島では、昔見た久米島のはての浜に匹敵する、エメラルドグリーンの海を家族だけで占領できました。

どこまでも続く遠浅の砂浜のビーチで本当に素晴らしかったです。

20060806174117.jpg


石垣島、西表島、旅日記一日目

娘からの希望で、西表島の星の砂浜に行きました。

ここは、珊瑚礁がそのまま浜辺にあるようなところでした。

服のまま海岸から海を覗くだけでも青いルリスズメがたくさんいるのがわかります。

ダイビングやスノーケルツアーに参加できないようなお年寄りや、小さい子どもでも水中眼鏡で珊瑚礁の熱帯魚を間近にみることができる、すごいスポットだと思います。

20060804110653.jpg

昨日、石垣島から帰ってきました。

旅の途中途中で、携帯からブログをアップする予定だったのに、どうもうまくいかなかったです。ごめんなさい。

今日から、数日間、石垣島旅日記ブログになると思います。

よろしくお付き合いくださいませ。

私は沖縄県に旅行に行くのは今回で3回目です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。