子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の中学は今日まで期末テストです。

二学期は期間も長く、テスト範囲が長くなります。

副教科は中間テストもないので、更に長い範囲。

「お母さん。家庭科教えて!意味わからん。」

と悲鳴に近い声が。

家庭科?そんなん簡単ちゃうん?

チラッと見ると、取り扱い表示マークとミシンのパーツの名称、しみと適したしみ抜きの方法、布地の素材と特徴、などなど多岐にわたり、覚えようとしているようです。

いやあ、簡単ちゃうわ。私にはさっぱりわからん。

「これが送り調節ダイヤル・・・・。血液のしみは・・・・。天然繊維には綿と・・・・。綿は原料は綿花でしわになりやすく、乾きやすい・・・。」

もごもごと覚えています。
[期末テスト]の続きを読む
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
高校の同窓会に行って来ました。

エーッというほど、オフトリになっていた、サッカー部でモテモテだったM君。

バレエの先生をしているという、スタイル抜群のNさん。

それぞれの人生を生きているのですね。
日経平均が下げる中、予定通り少し持株を増やしました。

そのまま下がって含み損となりましたが・・・。

来月のSQあたりでもう少し増やして、後は上昇に向うまで、しばらく待つつもりです。

11月末から12月の初めあたりが買い時となっている年が多いように思うので、私としては、ここがチャンスと見ているのです。

上昇に向うのにどのくらいかかるのでしょうか?

いろいろなストラレジストやアナリスト、経済評論家が、本当にいろいろな予想を立てています。

上がっても、下がっても自分の判断でやったこと、後悔はしないでおきます。

買わなくて上がってしまったら、結局後悔するんだから。
先日の故障以来、どうもパソコンの調子が悪いです。

ブログを更新しようと、記事を書いたのに、保存のボタンをクリックしたら、サーバーが見つかりませんになり、戻ったら、書いたばかりの記事がきれいさっぱり消えていました。

パスワードなどは、一度ですっといけることもあまりなく、

なぜか間違っていると表示されます。

ふーっ。

なんか、疲れる!

今日はもう寝ます。おやすみなさい。
夕方、いつものように数銘柄の終値をノートに記入しようと、YAHOO!ファイナンスをクリックしました。

なんかすごい違和感が・・・・・。

あれ?今日こんなニュース出てたっけ?ちょっと前に聞いたような・・・。

よくよく見ると、11月10日になっているのです。(今日は11月17日です)

カレンダーを確かめると、やっぱり17日。

YAHOO!にトラブルかなあって思って、ブログを開くと、あれ?昨日更新したはずの記事がない!

よく見ると、やっぱり11月10日までしか更新されていないのです。
三日前に修理に出したパソコンが、今日戻ってきました。

一週間ほどかかると聞いていたのに、ありがたや・・・・。

私はDELLを使っているのですが、対応の早さに驚きでした。

電話した翌日には引き取りに来てくれ、三日後に修理された状態で返ってくるなんて。

仕事で使っている人も多いだろうから当然のことなのかもしれないんだけれど。
今月、高校の同窓会があります。

ちょうど一年前に20年ぶりの同窓会というのをしたのですが、それで勢いづいたのか、今年もするのだそうです。

友人から電話が入ったので、一緒に出席することにしました。

それに先立って、昨年出席しなかった友人が、先に仲がよかった友達だけで会いたいの言い出したので、前もって集まることに・・・・。

その友人と会うのは、出産祝いに来てもらって以来だから、13年ぶりです。

同窓会にいきなり行くのは勇気がいるのだとか。
パソコンが壊れました。

今日、佐川急便が引き取りに来ました。

修理に一週間ほどかかるそうです。

今は、息子が中学の入学祝に祖父から買ってもらったパソコンを借りてブログを更新中。

なんか、とても不便です。

お気に入りに入っていたいろいろなサイトがない!

クッキーに保存されていたと思われるパスワードなんかも当然ないので、ログインIDとかを探して・・・・。

最近ものがよく壊れるのだけれど・・・・。
昨日、株式投資をしている人の年収が高いわけではなく、むしろ低所得者に多いようだというアンケートの結果を記事にしたのですが、

低所得者が高所得者に変われる可能性のあるもの、それが株式投資だ!

というようなことを書いている人がいました。

確かにそうかもと納得できる気がします。

お金がなーい!貧乏だー!めぐまれなーい!

と嘆いたり、愚痴をこぼしたりしているのなら、

今の生活を変える方法を考えてみるべきですよね。

それが、株式投資か?と言われると、そうではなくてほかにもいろいろな方法があると思います。

株式投資はそのうちの一つの方法に過ぎないのです。

私は、株式投資をすることで、かなり生活が変わりました・・・。

だからといって、投資をすれば誰でも簡単に儲かるというわけではありません。

株で一億円を作る方法なんて言葉を目にするたびに、そんな簡単なわけないでしょって思ってしまいます。

そんな簡単にできるのだったら、証券マンはみんな独立して、株で一億円作って、悠々自適の生活を送りますよね。

株式ニュースで興味深いアンケート結果が放送されていました。

株式投資をしている人の年収(2006年度 2000人を調査)

300万円~500万円 28.3%
700万円~1000万  21.7%
1000万円以上    21.0%
500万円~700万円 19.6%
300万円未満      8.7%


300万円~500万円の人が一番多いのです

国税庁の発表している16年度の平均年収
娘も夫も朝から外出して、今日は終日中学一年生の息子と二人きりです。

「お昼ごはんは何がいい?」

「ええ加減に作った焼き飯でいい」

「何かおいしそうなおやつでも買ってこようか?何がいい?」

「別にいらん」

あっそうなのね。愛想のない・・・・
昨日学校で息子が友達数人と近くのスポーツセンターに、卓球をしにいく約束をして帰ってきました。

しかし、今日は義妹の家に出産祝いを届ける予定だったので、できれば息子も連れて行きたかったのです。

息子は友人に電話をして

「用事ででかけるらしいねん。帰ったら一応のぞいてみるわ」

とつげました。

思ったよりも遅くなり、ジャスト4時に帰宅、大急ぎでスポーツセンターに向った息子
昨日、地域で開かれる講演会の人集めについて少し書きました。

私は本当によく頼まれるのですが、足しげく公園に通ったためか、地域に密着して生活しているためだと思います。

私が住んでいるところは、代々このあたりに住んでいる地元の方が多く、大阪の中心部に近いこともあり、住宅が高値なため、二世帯同居している人も多いのです。

地元の嫁ともなると、町内会で葬式があっても大活躍。

子どもが学校に通っている間はPTAとして大活躍。

だいたいが親の方に依頼が行き、断ることもできずにががんばっているという構図のようです。

私は、外からきたマンション住まいですが、地元の嫁の友人が多く、頻繁に愚痴を聞いている立場なのです。
今日も日経平均は下がっていましたが、オプションSQも無事に通過し、機械受注も発表になり(かなり悪かったようですね)、中間決算も発表がすんだところも多く、いよいよ株を買う時期かなあって思っています。

なんでもSQ明けの月曜日の相場でその後の相場展開が決まることが多いとか・・・。

来週か再来週あたりに、春までホールド予定の株を買いにいくつもりです。

候補は4銘柄あるのですが、どこにするかは今後の展開で決めます。

私としては株買いのタイミングが近づいたように感じています。

大きな事件が起こりませんように・・・。
毎年、地域の公立の学校にいろいろな方を講師としてお招きし、無料講演会があります。

講演会に人があまり来なかったらいけないので、各学校のPTAの参加人数の割り振りがあります。

子どもの年齢が上がるにつれ、働きに出ている保護者も多く、実際のところは人集めに役員さんたちが駆けずり回らなくてはならないようなのですが、

私はどうやらとても暇に見えるのか、頼みやすいタイプなのか、またか!と思うほど講演会を聞きに行ってくれーと頼まれます。

子どもが幼稚園に入園してから10年近く、すごい数の講演会を聞いてきました。


今年の一月ごろに銘柄選びを記事にしたことがあったのですが、今年は全体として軟調な相場展開だったため、考え方随分と変わりました。

いろいろなパターンを試し、どれが自分に合うかなあ?なんて思っていましたが、いろいろな方法をしていると迷いが生まれてくるのです。

本当は、短期のつもりで買ったけれど、下がって含み損を抱えているから長期にしちゃえ!という具合です。

迷わないように、今は一つのやり方に絞っています。

合っているのかどうかがわかるのは数年先かもしれませんが・・・。
遠い昔、私は私立の幼稚園に通っていました。入学した小学校は地元の公立幼稚園から進学してきた子どもたちが大多数で、内気だった私はその輪に入ることができず、とても寂しい思いをしました。

走り回る同級生達が怖くて、今も心に残っています。

そんな私を母は心配していたのでしょう。

すすんで、友達を招き食事を一緒にしたり、友達を連れてアスレティックコースに一緒に行ったりしてくれていました。

友達と行ったアスレティックは、家族だけで行った時よりもずっとずっと楽しく感じていました。

そのおかげか、中学生になった頃は「ちょっと、黙ったら」というようなおしゃべりさんになっていましたが・・・。
先日の小学5年生の娘がユニバーサルスタジオに友達と行きたがっているという記事にに心からのコメントをたくさんの方が寄せてくださりありがたく思っています。

いろいろな方の意見を聞くことができ、大変参考になりました。

結局、お二人の保護者が同伴してくださり、楽しい一日を過ごせたようです。

いろいろ考えさせられることも多かったので、感じたこと書いてみます。

まず、oikuraさんにいただいたコメント

子供は「私も行ってみたい・・・ちゃんと出来るのに・・・」と不満もあるようでしたが、遠出に付いて何度も話し合い、今では「しょうがないか・・・」くらいまで納得してくれているようです。

うちでも子どもだけでは何故ダメなのかを納得できるところまで話してやることにしました。

「もし、テーマパークの中でテロや大震災が起きた時、パニックを起こさずに指図できる人が必要だから。なんらかの犯罪に巻き込まれた時、的確な行動を起こせると思われる年齢に達していないから。決して信用していないわけではない。」

というような話をしました。

ゆんちゃんにいただいたコメントです。

 我が家は小学校まではやっぱり父兄同伴が多かったです。
我が家がそれこそスキー、別荘、旅行にも友達数人を連れていけば、
反対に近場のおでかけの時にはおちびを連れていってくれたりとか・・・。


ハッとさせられる部分も多かったです。

私は息子の友達を預かり、スキーやスケート遊園地、アスレチックなどに頻繁に出かけていました。息子も友人の親に連れられ、キャンプなどに参加していました。

ところが、娘の友人達となると、二歳年上の息子が同伴するのがどうも気まずい感じがあり、息子を置いていくことの方が多く、映画など、半日のおでかけが中心となっていました。

息子の食事や塾の時間など、言い訳をし、一日中遊べるようなところに娘の友達とはあまり行っていないのかも?

小学5年生という微妙な年頃、少々の無理をしてでも、時々は私自身が同伴をしてやるべきじゃないかと考えています。
「ユニバーサルスタジオジャパンに友達と行きたい」

と小学5年生の娘が言ってきました。

なんでも、年間パスを買っている友達は、子どもどおしで時々行くのだとか。

「私もパス買って、一緒に行きたい」

と言うのです。

何人か娘の友人のお母さんに連絡を取り、実際のところをさぐってみました。

「おにぎり持って行かしてるで。親がついて行かなかったら安くつくし楽やでー。」

というどうぞ行ってらっしゃい派。

「卒業記念とかで、クラスのほとんどで行くとか、特別な時だけはいい。だけど、普段はダメ。上の子の時からそうやから。」

という、特例はあるけれど原則としてダメ派。

「如何なる事情でも、高校生になるまでは、子どもだけで、カラオケ、ボーリング、ゲームセンター、テーマパークは一切ダメ。その分、親が友達を一緒に連れて遊びに連れて行ってあげるのよ」

という絶対ダメ派。

に分かれました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。