子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、新日鉄株が、とても勢いがあったようです。

明日はいよいよ大納会。

この新日鉄の株の動きが今年を象徴していますね。

M&Aのニュースに翻弄された一年だったように思います。

再編がうわさされる鉄鋼業界。

鉄鋼株が勢いよく上がって、今年の大納会を迎える。

さて、来年はどうなっていくのでしょうか?

小型株のほうにもその流れがやってくれば、個人投資家も勝てるようになるはずですね。

本年もいろいろとコメントいただきありがとうございます。

来年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
年末が近づきました。

今年は確定申告が必要になりそうです。

今年のトータルで儲けがでている証券会社と損している証券会社があり、確定申告をすれば、儲けている証券会社ですでに支払った、税金が返ってきます。

源泉徴収ありの口座を選んでいるので、楽々だあ!って思っていたのに・・・・。

数社で株を買っている場合、源泉徴収ありの特定口座でも、確定申告で得する場合があるので、該当しないか、確かめておく時期ですね。

HOYAとペンタックスが合併?

ビックリニュースでした。

私はHOYAという会社が結構好きで、今までに何度も売買しています。

短期売買を基本にしていた頃、有利子負債のない健全企業をとても好んでいました。

HOYAは大企業なのに無借金経営で、自社株買いも積極的に行う、超優良企業。

昨年の上昇相場ではどれほどお世話になったことか。

最近は、PBR1倍以下の割安株投資に徹しているため、HOYA株も長い間持っていないのですが・・・。




ロボットによる株の自動取引コンテストというのがあるのそうです。

大会は仮想空間で行われ、実際の銘柄と株価が使われ、プログラムだけでなく、儲けるルールをみつけるのが勝敗を分けるポイントだとか。

今年の参加者は6000人ほどで、信用買いをせず、逆張りのプログラムが全体として好成績だったそうです。

最優秀賞は住井さん。

仮想ですが、5000万円を4億円以上にしたそうです。

住井さんのロボットはテスト運用後、マネックス証券で実用化されるそうです。
指値について細かくみていきたいと思います

指値というのは、○○会社の株を上限××円で買いたい。または、下限△△円で売りたい。という注文のことです。

結果がどうなるか、いろいろなケースに分けて考えて見ます。
 


 2006年12月18日 10時過ぎの トヨタの板情報です。(クリックしてくださいね)
BUROGU.jpg


買い板の一番高い価格は 赤で表示されている、7410円です。


 指値 7410円で 指値を入れて待っている人が、246,300株分あるので、

 このタイミングでもし私が、7410円の指値を入れると、246,400株目の順番に 注文が入ります。

だから、この後 7410円で売買が200,000万株分で上昇し始め、株価が高くなってしまうと、私は買えません。

また、指値注文は早く注文を入れた人が優先です。

もうすぐかなあ、と思いながら待っていても、もっと安い指値で注文を入れていた人が、上がりそうだと7410円に指値を変更しても、初めに安い値段の注文を出したのが、私より先ならば、私の前にその注文は入ってきます。

 だから、300,000万株分の7,410円での売買が成立したのに、私は買えていない!ということも起きる可能性もあるのです。

上記写真時点での、指値の買い注文の一番高いのは7,410円です。このタイミングで指値7,420円で私が注文を入れたとします。

 結果は3通り考えられます。

  ● 7,420円で約定(売買成立) 7,420円の売り注文が100株分減る

  ● 同じタイミングで成行注文が130,000株分入ったため、7,420円の買い板となり、買い板の一番上に表示される。

  注文は成行が優先なので、指値で注文を出した私の注文は約定せずに、買い板になるのです。

  ● ほんのわずか先に、7,410円での売り注文が300,000株分でたため、7,410円で約定する。(一瞬のタイミングで7,410円の売り板が出現した)

    指値は、上限価格なので、その時点で指値よりもやすいく買える売り注文があれば、その価格で約定します。


 上記は株式市場が動いている時間のことですが、止まっている時間でも同様です。



任天堂DSのソフト 【NDSソフト】 株式売買トレーナー カブトレ!
というのが発売されました。

すごい!

私はできれば子どもにも株式市場のことを知っておいてほしいと思っています。

株の売買だけでなく、そこには経済の仕組み、社会の仕組みを学ぶたくさんの要素が含まれていると思うからです。

だけど、実際の売買となると、子どもが扱うには高額すぎるのが株式売買の実態です。

ゲームでできるなんて欲しい欲しい欲しい

更に耳寄り情報です!

先着購入特典

昨日の記事を読み返してみると、どうもよく分らないですね

もう一度、できるだけ丁寧に書いてみます。

株はオークション方式で売買されます。

 例)トヨタの株を買いたい。

 注文方法は

 指値・・・上限○○円までの金額ならば買います、という注文です。

 今の価格よりも安く買いたいと、安い指値を入れた場合、買い板となって、その金額で順番待ちをすることになります。少しでも高い指値が優先、早く注文を出した人が優先です。
  夜のうちに指値を入れて、始まりの価格(寄付値)が入れた指値よりも高かったら、寄付値で買えます。この場合指値よりも安く買えちゃうのです。

  

 逆指値・・・株価が○○円まで上昇したら、成行で買います、という注文です。現在の価格よりも高い指値をいれることになります。

 成行・・・いくらでもいいので買いますという注文です。今はいっている売指値の一番安い価格で買うことになります。

 寄付き・・・株式市場が動いていない時間に出す注文方法で、次に動き出したときの初めの価格で買うことになります。夜出すと朝一番の価格、お昼休みに出すと後場の寄付き値です。

 引け成り・・・次に株式市場が止まるときの価格で買うことになります。朝出すと前場の終値、前場終了後だとその日の終値で買うことになります。

 不成り、出合(証券会社によって言葉にばらつきがあるようです。楽天では不成り、オリックスでは出合という注文になっています)・・・指値で注文を出しますが、約定しなかったら終値で買いますという注文です。

 指値で買うか、その日の終値で買うことになります。

昨日書いた私の初めの失敗談は成行を現在値で買うと解釈したことから起こりました。

現在値・・・一番最後に売買された金額です。

 成行は今出ている売り注文の一番安い価格で買うということなので、現在値で買えるというわけではありません。






今日は私のスタート時の失敗談です。

証券会社に口座開設の申し込みをしてから、実際に口座が開かれるのに2週間ほどかかったでしょうか。私はその間、株式投資の雑誌(ダイヤモンド ZAI)を読んでいました。

たまたま、初心者向けのファンダメンタル分析とテクニカル分析の解説の号だったので、何度も何度も読んで理解したつもりになりました。

しかも、私はこうして儲けました!というディトレードの成功談がいっぱい載っていました。

今日買った株を今日中に売るのがディトレードです。本を読んでいるうちにディトレードが最も優れているような感覚になっていました。

よし、買うタイミングもわかった、ディトレードして、この人たちのように儲けるぞ!

なんて、意気揚々。(とんでもない勘違いをしていることに気付くこともなかったのです)

さあ、口座が開設されました。もう株が買いたくて仕方がない私。

早速注文です。

私は本当に何も分っていない恐ろしいほどの初心者だったのです。

本を読んで理解したつもりになっていた勘違い

株の注文方法には指値と成行があって、指値は自分が指定した金額で買うことで、指定した金額まで下がらなければ買えない。
成行はいくらでもいいから、現在の価格で買うこと。

上記は間違いです。

正しくは

指値はこの金額までならば購入します、という上限の金額。

成行は、いくらでもいいので、今一番安く売ってくださる方から買います。(現在の価格ではない)

この勘違いから大きな失敗をすることになったのです。


だいたい、株ってどこで買えるの?

証券会社に行って買うんだと思っていたのに、CMではローソンでも株が買えるってやっていたけれど?

???頭の中で?がいっぱいの方も多いのでは?

私も株に全く興味がなかった時って、どこで買えるのかよく分かっていませんでした。

上場している企業の株は証券取引所で売買されています。

いわば、証券取引所っていうのが株の卸売市場みたいなものですね。

株によって、取り扱われている証券取引所が違います。何件かの証券取引所で買えるのもあれば、一つの証券取引所でしか扱っていない銘柄もあるのです。

日本だけでも、東京証券取引所、札幌、名古屋、福岡、大阪、の証券取引所と新興企業の取引所であるジャスダック証券取引所といっぱいあり、それぞれが独立した会社です。

例えば、トヨタのような大きな企業は、東京でも売っているし、大阪でも売っています。ジャスダックと東京の両方で売っている銘柄もあります。

とは言っても、私達が直接、証券取引所から買えるわけではなく、小売店である証券会社で買うのです。

証券会社に「東京証券取引所でトヨタの株を100株買います。」という風に注文するのです。

その注文の仕方が、店舗を訪問する、自宅に来た営業マンから買う、インターネットで買う、ローソンの端末から買う、と日用品と同じように、いろいろな買い方ができるのです。

ローソンの端末で買ったからといっても、ローソンで買ったのではなく、ローソンの端末を使って、日興コーディアル証券から買っているのです。

株式投資をしたいなあって思いながらも、銘柄の選び方も売買タイミングもわかんないからなあってぼやき声が聞こえてきそうです

私も、半信半疑で始めたものの、何がなんだかさっぱり。

投資信託の意味すらまともにわかっていませんでした。

投資信託って平たく言うと、みんなの資金でプロが運用してくれるものです。

平たすぎ?m(@´_`@)m

まあ、でも手数料はかかりますが、わからないって思うなら、自分でしないでプロにお任せしたいって気持ちありますよね。

投資信託って一口で言っても、日本株中心のもの。国債など安全性が重視されているもの。中国株中心、インド株中心、新興市場、商品先物中心、バランスよくいろいろなものに投資している、などなど、本当にいっぱいあります。

証券会社でも買えるし、銀行でも買える。

少し前と今で、大きく変わったことがあります。

インターネットで株式投資が簡単にできるようになった。

売買単位が引き下げられ、一万円位でも株が買えるようになった。

株式売買の手数料が、インターネットで人の手を介さないことで、大幅に安くなった。

 松井証券では一日10万円以下の売買は手数料が無料です。すごい。

一般の人の株式投資への関心が高まり、インターネットの普及で、投資、経済情報が簡単に手に入るようになった。
株式投資を考えておられる方へというテーマで、記事を書いてきたのですが、今日はそのまとめ編です

私は、少し前まで、株式投資というのはお金持ちがするものだ!と思っていました。

だけど、年収300万円から500万円くらいの人が、最も盛んに投資しているという事実。コチラで書きました

長い目で見た経済の流れで、タイミングによっては、預貯金として持っていた人が一番馬鹿をみた時期があるという事実。コチラで書きました

そして、何より格差社会が広がりつつあると言われる中で、もしかしたら私も勝ち組になれるのではないか?と希望を与えてくれるのも、株式投資だと考えています。コチラで書きました

チャトも決して裕福ではないけれど、大きな流れをつかんで、少しでもいい感じに生きていけたらいいなって思っています。

チャトが昔友達に言われて、ずっと守っていることがあります。

非常に申し訳ございませんが、

トップページのリンク数が増えすぎたため、3ヵ月以上更新されていないサイトのリンクをコチラに移させていただきました。

また、ブログを再開されたおりには、ご連絡ください。

カトマチャコキトマトくん
メロンパンだいすき
招きネコのちまちま株式投資
殆ど初心者株式投資の実録
<10万円スタート!初心者Takaの株log>
株式投資している自分も母親である自分も両方とも私だからと、このブログに両方の記事を書いてきたのですが、あまりにもまとまりがないような気がしたので、日記、育児ブログを別に分けることにしました。

チャトの小中学生育児日記

今までどおりFC2ブログを使いたかったのですが、ログインが面倒くさいので他社を使うことにしました。

訪問履歴に残らないのが残念ですが今後ともよろしくお願い致します。

まだ、昨日立ち上げたばかりで、訪問者もコメントも少ない、ちょっと寂しいブログですが、どうぞ来てやって下さい。

株式投資をするのはハイリスクだと思いますか?

○年○月○日 余裕資金 300万円。

過去を振り返ってみると、この○年○月○日の日付で、十年後の300万円の持つ意味が大きく変わってきます。

昭和47年ならば、平均初任給は約50,000円。

東京近郊で土地付き一戸建てが300万円で買えたといいます。

日本円でそのまま、300万円を持っていても、十年後の昭和57年では、頭金にしかならなくなっていました。

時代と共に、変動するものに変えていたら・・・。

株、金、土地・・・。

そう思った人も多いはず。
期末テストがおわり、息子も一息ついています。

息子と一番仲のよいSくんは、期末テストの三日前からおたふく風邪に罹り、欠席だったそうです。

そういえば中間テストの時も、クラブの友人が水疱瘡で欠席していたっけ・・・。

息子の友達は肝心なところで、抜けている子が多いのか運が悪いのか・・・。

中学生ともなると、罹っていない病気で、予防接種で防げるものがあれば、ふせいでおくべきですね。

水疱瘡もおたふく風邪も出席停止なのに、再テストはしてもらえないそうなのです。

1年生でよかったね。

モーニングサテライトという経済番組で、イトーヨーカ堂と168の専門店、シネコンととても大きなショッピングセンターが12月4日にオープンすると、放送されていました。

プレオープンで賑わう様子を見て、うずうず。

早速友人に連絡を取り、一緒に行くことにしました。

実は11月22日にオープンした、イズミヤ神戸ハーバーランド店にも足を運び、たっぷりとお買い物をしたばかりです。

友人とランチ&ショッピングはとても楽しいので、オープニングというのを口実に、おでかけをするわけですが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。