子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で3月の立会いが終わりですね。

4月になってからの機関投資家の買いに期待して・・・・・。

長い目で見れば、まだまだ上昇の途中(の筈)

後、2年くらいは長期で見れば上昇トレンドの筈(私の好きなストラテジストがそう言っていたし・・・。私もそう思っています)

がんばって、株式投資を続けたいな。

始めた時は、半年やってみて、元金が20%以上マイナスだったら、やめよう!

と思っていました。

上昇トレンドの波に乗ることができ、元金割れをほとんど(始めて一ヶ月くらいの間だけ経験・・・つらかった)経験することなく、今日まで続けてこれたことに感謝です。

週が開けたら、名実ともに新年度相場。

楽しみです。
スポンサーサイト
ランキングの応援(*’人^*)
今年は見事に権利落ちで下げていますね・・。

4月に入ってからのお楽しみというところでしょうか?

私の場合、基本は家族が優先なため、子ども達の学校が長期休暇に入ったら、パソコンをつけることが少なくなります。

3月の期末は春休み

8月のお盆休みは夏休み

12月の大納会は冬休み

と、株式相場が大きく動く可能性の高いころは、株価を見ない生活が続くのです。

一週間ぶりに株価をチェックして

「へー。そんなとこまで下げてから、こんなに戻したの?」

ってこともしばしばです。

株価は大きな流れの中で見るほうが、精神的に落ち着くように思います。

3月の末に株価をチェックしても、精神的に疲れるだけかもしれません。

4月20日ごろにチェックしてみようかな。
楽天証券が4月1日で楽天㈱と楽天証券ホールディングス㈱の株式交換により、100%楽天㈱の子会社となります。

3月31日までは楽天株式会社と三井住友銀行が出資する証券会社だったのですが・・・・。

ますますのサービスを期待します。
今日持っている株が株主優待および配当金の権利確定となります。

だからか、売買代金がとても少ない一日だったそうです。

いよいよ新年度相場が始まります。

がんばれ、日本株!

私は高配当銘柄ばかりを保有しているので、明日の配当落ちは株価下落覚悟かな?

下がらなかったらラッキー!てところですが、こればかりはわかりません。

少しドキドキの明日です。
3月決算の企業の配当や株主優待をもらおうと思えば、3月末日に株主でなくてはなりません。

今年は3月30日の金曜日に株主でなくてはならず、今年は3月26日の3時の時点で持っていればもらえることになります。

というわけで、3月27日は権利落ち日となり、配当分くらいは株価が下がるのを覚悟しておかなくてはならないのですが・・・・。

権利落ち日を過ぎると、機関投資家も動きやすくなり、株価が上昇に向うことも少なくありません。

でも、なんとなく権利落ち日ってドキドキするんですが、みなさんはどうなのでしょう?
今日は、楽天証券マーケットスピードのスクリーニングツールを使って、銘柄選択をしてみました


マーケットスピードにログイン

左のずらりと並ぶコンテンツから、銘柄選択をクリック

左上の詳細スクリーニングをクリック

条件を入力(東証、株価100円~350円、PER0.1倍から30倍、PBR1.0倍以下、ROE4%以上、配当利回り1.5%以上、自己資本比率40%以上)

 PERは赤字だと0.0になるので、必ず0.1など下限数字を入れています。
 業績の悪い企業を排除したいので、ROE、配当利回りは高めに設定、
 倒産リスクを減らしたいので自己資本比率を40%以上に設定してみました。

1 2114 フジ日本精糖
2 2116 日新製糖
3 5958 三洋工業
4 6022 赤阪鉄工所
5 6313 共立
6 6743 大同信号
7 7758 セコニック
8 8202 ラオックス
9 9313 丸八倉庫
10 9761 東海リース
11 9767 日建工学



以上の銘柄がヒットしました。

銘柄コードをクリックすると、各銘柄の詳細ページに飛びます。

四季報、チャートを確認してから、候補銘柄を選んでみます。

このスクリーニングの残念なところは、一部と二部の区別ができないところです。

後はとても使いやすいスクリーニングなんですが・・・。





お彼岸を前に大幅反発となった日経平均ですが、

買いたいなあって思いながら、まだ下がりそうで様子見している投資家が、たくさんいるんだなあって感じます。

上がりだしたら、とても速いのですもの。

私は、少々含み損を抱えたとしても、とにかく自分で決めたタイミングで買いに行くことにしているのですが・・・。

本当は買いたいのに、ガマンしている方が多いのですね。

底で買って高値で売って、また下がったら買って・・・・。

ってできればいいのですが、私はプロではないので、

じっと待っているのが性に合っているようです。



節分天井彼岸底という、株の格言がありますが、

お彼岸まであと一週間です。

株を買い増ししたいと思っているなら、ここらあたりで買い増しにでなくてはなりませんね。

彼岸底となって、4月には笑っていたいところです。

後一歩・・・・。

がんばりましょうね。
下げて弱気になるな。

上げて強気になるな。

と言っていた、経済アナリストがいました。

マイペースで、がんばりたいですね。

先日の世界同時株安の時、個人投資家は買い越しだったそうです。

最近の個人投資家は、一昔前とは変わってきたようです。

がんばれ、個人投資家!
メジャーSQの後の月曜日が、上昇すればその後2週間後の相場は上昇しているというのが、セオリーだそうです。

昨日の月曜日は上昇したので、3月末にかけては上昇していくのではないか?

と思っています。

配当取りもあるし・・・・。

ドレッシング買いも期待できるし・・・・。

(ドレッシング買いというのは、ファンドマネージャーが自分の成績をよく見せるために、期末に保有株の株価を上げるように、買いに行くことです。)

私はこのまま売買せずに、配当を貰う予定です

半値戻しがどうのこうの・・・、日銀短観を見極めて・・・・、

いろんな雑音に惑わされることなく、ロボットになるぞ。



昨日一社、今日一社で株を買う予定だったのですが、昨日買いそびれたため、結局、今日二社株を買いました。

思ったとおりさらに上がっていましたが、予定通り、心をロボットにして買いにいきました。

後はしばらく、静観します。

売却予定は4月か5月の適当なところ・・・・・・。

全体の騰落レシオが120%あたりになったときです。

配当の出ない銘柄は一社もないので、配当も楽しみです

株主優待のある企業は、今持っていないので、何にも届かないのが残念ですが・・・・。

子どもががっかりするかな?

いやいや、株主優待のために、株取引をやっているわけじゃないし・・・・。

がまんがまん。
今日は、株を買いそびれてしまいました。

3銘柄の中から、一番安く買えそうな銘柄を選んで、買いに行く予定だったのですが、

寄付き前から、

「なんか、どこも高く寄り付きそう。後場寄りにしようかな?」

と思ってしまったところからです。

見る見る上昇!

買いそびれてしまいました。

失敗した!

迷いがあったのが、失敗の元です。
いよいよ、メジャーSQが明後日となりました。

私の長期計画の株買いの日です。

明日、様子を見ながら買いに行こうと思います。

3銘柄まで絞り込んでいます。

明日の動きで、まず1銘柄、SQを挟んで更にもう1銘柄の購入予定です。

世界同時株安という心理戦は気にしないように、自分で決めた売買をしてみようと思っています。

心はロボット、ロボット。

インフルエンザで寝込んでいました。

久しぶりにパソコンをつけてビックリ。

一段と株価が下がっている・・・・。

以前の私なら、リスク回避のためちょっと手仕舞っておこうとしただろうな・・・・。

今は、PBR1倍割れの、東証一部企業で、業績がココに三年で、黒字転換し、上向きかけた企業に、中長期投資と決めているので、ガタガタ動かなくなりました。

下がってもまた上がるだろう・・・。

アメリカのジョージ・レーンが考案したチャートです。

価格の終値がどのレベルにあるかを判断します。縦軸が百分率(%)で買われすぎ、売られすぎを判断します。

80%以上を買われすぎ、20%以下を売られすぎと判断。

2本のライン(%Kと%D)のクロスが転換のサインとなります。

買われすぎゾーンで、%Kが%Dをクロスし下降し始めた場合は、売り。

売られすぎゾーンで、%Kが%Dをクロスし上昇し始めた場合は、買い。

となります。


%K=(終値-過去○日間の安値)÷(過去○日間の高値-過去○日間の安値)×100

%Dは%Kを移動平均化したものです。


楽天証券マーケットスピード
またはコスモ証券マーケットサーチで見ることができます。

コスモ証券マーケットサーチ

ログイン後→上部のマーケットサーチ→左部のテクニカルチャート→テクニカル(初めは出来高移動平均となっている)の横の▼をクリック→ストキャスティクスで見ることができます


楽天証券マーケットスピードにログイン後、上部の投資情報→左部の個別チャート→チャート上で右クリックテクニカルチャートストキャスティクスで表示されます。




今朝のニュースモーニングサテライトで、とても気になるニュースが報道されていました。

新興株式市場に上場する十二月期決算企業で、深夜に開示したり決算発表を延期したりしているというもの。

フォーサイドドットコム、タスコシステム、ファンオール、ジャレコなどです。

自社に都合の悪いような決算を、深夜、午前1時過ぎに発表する・・・・。

ちょっと、上場企業としてのモラルが欠けているように思えました。

今、私は振興市場の株は持っていませんが、今後も買うつもりはありませんが、首を傾げてしまいました。

誰のためのなんのための情報開示なのでしょうか?

平等に公平にしていただきたいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。