子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しくリンクさせていただいたryumieママの中学受験日記で、塾の選び方というテーマを取りあげておられました。

読んでいて、随分前に何かで読んだお話を思い出しました。

コラムだったかなんだったかで書かれていた個人的意見だったと思うのですが、詳しいことは忘れてしまいました。


塾側から見た講師の配置というものだったと思います。

塾の講師というのは数人の社員と大学生のアルバイト。

団体授業の特進クラス、団体授業の一般クラス、個人指導、がある塾なら、

もっとも塾の顔である特進クラス(進学率を上げてくれるクラス)にもっとも教え方の上手いベテランの講師。

たくさんの生徒のクチコミになる一般クラスに、次にいい講師。

そして、学年が変わるたびに入れ替わる大学生のアルバイトを、親から苦情がくればすぐに変更ができるので個人指導。

という配置になると思っておいた方がいい。

だから、授業についていけないならば、救済として個人指導をうけるのもやむをえないけれど、基本的には団体指導の方がオススメ。

どうしても個人指導を受けたいのなら、団体授業のある塾に併設されている個人指導をオススメする。

個人指導だけの塾ならば、いい講師を採用する必要性が少なく、講師採用基準が甘くなる。

というような内容だったと思います。

印象的だったので記憶の端に残っていて、我が子は団体授業の塾に行かせよう。なんて漠然と思っていました。

で、わたしの場合、株式投資の銘柄として塾名を見てしまうところがあるのです。

たとえば、明光ネットワークジャパン。増益の優良株です。

たくさんの方に指示されているということはいい塾?

でも、明光義塾が近くにないよなあ。残念。

フェリックスはエスサイエンスの子会社?赤字?四季報に人材入れ替えで再建図るって書いてある。いい講師を揃えてくる?

秀栄予備校。四季報を見たところ、学力中間層の需要取り込みに力を入れているようだ。

などなどです。

株をやらない方でも四季報を読めば、各塾が今何に力を入れているのかの参考になりそうです。

四季報は図書館でも閲覧できます。

大手から塾を選ぶのなら参考になるかも?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが・・・
分析力があります。
>株をやらない方でも四季報を読めば、各塾が今何に力を入れているのかの参考になりそうです。

ふむふむ。
2006/04/18(火) 16:25:38 | URL | ゆん #bYEK.TUw[ 編集]
いやいや。ありがとうございます。
でも、四季報読むの好きなんです。
単に。v-206
2006/04/19(水) 09:55:25 | URL | チャト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。