子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 信用取引って何?

お金を借りて株を買ったり(信用買)、株を借りてそれを売ったり(信用売)できる取引方法です。

信用買

証券会社に預けている株や現金を担保に、証券会社にお金を借りて(金利がかかる)株を買います。
 自己資金の約3倍まで株を買うことができます。一ヶ月経過ごとに管理費が必要です。
 管理確定日に持っていた場合、名義書換料がかかります。
 信用買いで買った株では株主優待はもらえません。配当は売り方からもらえます。
 買った株を売るか現金で支払い現物株にする(現引き)ことで手仕舞います。

信用売り

 証券会社に預けている株や現金を担保に、証券会社から株を借りて(貸株料がかかる)株を売ります。
 株が不足した場合に需給バランスを直すために逆日歩を支払わなくてはいけなくなることもあります。
 一ヶ月経過ごとに管理費が必要です。権利確定日に持っていたら配当も支払わなくてはなりません。
 売った株を買い戻すかまたは現物株を渡す(現渡し)ことで手仕舞います。
 
 信用取引には制度信用と一般信用があります。 

制度信用取引

 証券取引所が銘柄を選定して行う信用取引です。一般的に広く行われています。
 決済期限が六ヶ月と決まっています。

一般信用取引
 
 各証券会社が顧客との間で自由に条件を決めて行う信用取引です。証券会社によって条件が変わります。
 決済期限が無期限というのが多いです。
 手数料も安く設定されているところが多いですが、金利が高かったりします。
 
貸借銘柄  信用買い、信用売り、どちらもできる銘柄です。

信用銘柄  信用買いができる銘柄です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。