子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事を読み返してみると、どうもよく分らないですね

もう一度、できるだけ丁寧に書いてみます。

株はオークション方式で売買されます。

 例)トヨタの株を買いたい。

 注文方法は

 指値・・・上限○○円までの金額ならば買います、という注文です。

 今の価格よりも安く買いたいと、安い指値を入れた場合、買い板となって、その金額で順番待ちをすることになります。少しでも高い指値が優先、早く注文を出した人が優先です。
  夜のうちに指値を入れて、始まりの価格(寄付値)が入れた指値よりも高かったら、寄付値で買えます。この場合指値よりも安く買えちゃうのです。

  

 逆指値・・・株価が○○円まで上昇したら、成行で買います、という注文です。現在の価格よりも高い指値をいれることになります。

 成行・・・いくらでもいいので買いますという注文です。今はいっている売指値の一番安い価格で買うことになります。

 寄付き・・・株式市場が動いていない時間に出す注文方法で、次に動き出したときの初めの価格で買うことになります。夜出すと朝一番の価格、お昼休みに出すと後場の寄付き値です。

 引け成り・・・次に株式市場が止まるときの価格で買うことになります。朝出すと前場の終値、前場終了後だとその日の終値で買うことになります。

 不成り、出合(証券会社によって言葉にばらつきがあるようです。楽天では不成り、オリックスでは出合という注文になっています)・・・指値で注文を出しますが、約定しなかったら終値で買いますという注文です。

 指値で買うか、その日の終値で買うことになります。

昨日書いた私の初めの失敗談は成行を現在値で買うと解釈したことから起こりました。

現在値・・・一番最後に売買された金額です。

 成行は今出ている売り注文の一番安い価格で買うということなので、現在値で買えるというわけではありません。






注文方法は人それぞれですが、

私は買おうと思った銘柄はできるだけ買いたいけれど、成行にして思わぬ高値になったらイヤだなあと思って

場中に買うときは、売り板を見て、一番安い売り板の指値を入れます。(ほとんど指値で買えます)

株式市場が止まっている時は、朝の始まる少し前に、予想される始値よりも高い指値を入れて買います。(ほぼ寄付き値で買えます)

売る時はその逆です。

スポンサーサイト

ランキングの応援(*’人^*)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。