子持ち主婦の株式投資 本当のところ

子育てしながら株式投資している主婦です。私も株式投資してみたいなと思っている方向けの株式投資入門ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩のドラマ、『星ひとつの夜』を見ていて、泣きそうになりました。

玉木宏さん演じる株のディトレーダーと渡辺謙さん演じる冤罪で服役していた仮出所中の清掃員。

心の中に孤独を抱えた二人のヒューマンドラマです。

大学生の時にアルバイト代を元に、株のディトレーダーとなり成功。

一度も社会に出たこともないまま、今もマンションの中で、デイトレードに励む若者(玉木宏さん)90億というお金を動かすと言っていました。

お金がいっぱいあると知ると態度が変わる人間。人に心が開けない。
孤独な世界。
トレードをやめたら、何もない自分に気付いて・・・。

私も株を始めたばかりの頃、経済雑誌によく載っていた、ディトレーダーの成功談に、心揺らされたこともあります。

こんなに簡単に大金を手にすることができるのなら(宝くじを買う人の心境にも通じるものがあるかも?)

あるディトレーダーさんの

「孤独な仕事ですよ」

というセリフに、ものすごく違和感を感じました。

仕事?何にどのように貢献していて、これが仕事?

という思いです。

今、世の中にはどのくらいのディトレーダーさんがいらっしゃるのでしょう。

やっぱり、こんな風に孤独に、24時間、株の値動きが頭から離れず、モニターに向っていらっしゃるんだろうか?

ちょっと怖いなって思いました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。